東京都小平市の女性行政書士 柴田明子事務所へようこそ

自筆証書遺言について

自筆証書遺言

自筆証書遺言は自分で書く遺言書です。

一見、簡単なように思いますが、
法的に無効であったり、形式的に無効であっては
せっかくの遺言も台無しです。

当事務所では、お客様の自筆証書遺言
文面等をチェックして、
法的にも形式的にも有効な遺言作の
お手伝いをいたします。

お気軽にご相談ください。

 自筆証書遺言とは

自筆証書遺言には、4つのポイントがあります。

自筆で書く
全文を自筆にしなくてはなりません。
ワープロや代筆は無効です。

日付を記載
日付の記載がないと無効です。
但し「75歳の誕生日」等は有効です。

氏名
ないと無効です。

押印
認印でOKです。

 自筆証書遺言のメリット

自筆証書遺言のメリットは
なんといってもその手軽さにあります。
そして費用がかからないことです。

形式さえ間違わなければ、
何度でも簡単に書き直すことができます。

気持ちや状況が変わったら、
いつでも書き直せるのです。

但し、複数の遺言書が見つかった場合、
日付の新しいものが常に有効になります。

 自筆証書遺言のデメリット

自筆証書遺言のデメリットは

①正しい形式で作成しないと無効になってしまう
②保管中に紛失・偽造の危険
③「検認」の手続きが必要である

この「検認」の手続きとは、
遺言書の保管者や相続人が、
遺言者の最後の住所地の管轄の家庭裁判所に対し、
必要書類や費用を添えて、すみやかに、
「検認の申し立て」をすることです。

この、「検認」の手続きを怠り、
勝手に遺言を執行した場合には
過料(罰金)を科されることがあります。

a:2176 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional